ルカ・ブログ

本と考。

渡辺明さんの「頭脳勝負」を読む

今回読んだ本

「頭脳勝負」(ちくま文庫

著:渡辺明さん

ーーー

史上4人目の中学生棋士であり、若干20歳で竜王になったトップ棋士渡辺明さんが将棋について書いた本。

 

第一章のタイトルは「頭脳だけでは勝てない」。本書のタイトルは「頭脳勝負」にも関わらず、いきなり更なる奥行きを見せられます。

将棋は息の長い戦いで、プロとして戦える期間が比較的長く、また1回の対局も1日〜2日掛かりで行われるとのこと。

そのため、継続的に努力し続けることも必要ですし、対局の中でも集中力のメリハリをつけながら戦う必要がある。

これはまさしく、(レベルの違いこそあれど)日々頭脳労働を求められる私にも当てはまる部分が多くあり、参考になります。

 

また、羽生さんの「直感力」と同じく、直感(棋士の間では第一感と呼ぶらしい)に関する記載もありました。

持って生まれたものや、日々の調子の問題もある一方、やはり日々の積み重ねから自然と良い手が見えてくるという主旨の記載があり、日々コツコツと積み上げていくことの重要性を改めて感じます。

 

次章以降も、将棋プロの制度や生活、将棋ソフト「ボナンザ」との対決、将棋の簡単な解説や、竜王のタイトル防衛戦に関する解説等、将棋を深く知らない人でも「将棋って面白そうだな」と感じられる内容です。

 

Youtube渡辺明さんがお話しされている動画も拝聴しましたが、軽快な語り口で解説をなされており、とても面白い。

本書も同様に楽しみながら読める内容となっており、将棋の実力がトップクラスなだけでなく、受け手を楽しませながら将棋を語る点でも非常に優れている方なのですね。

 

私は将棋はルールを知っているくらいでしたが、羽生さんの「直感力」と本書をきっかけに徐々に将棋への興味が高まり、近頃「見る将+詰将棋少々」くらいの立ち位置になりました。

仕事の休憩に簡単な詰め将棋を少し解いたりすると、リフレッシュとなって良いです。

 

ちなみに、奥様が描かれた「将棋の渡辺くん」という漫画も出ており、こちらはまた別の意味で面白そうなので購入しました。

別途読書録を書く予定です。